Aptiv、インテリジェント エッジ ソフトウェア ソリューションの主要プロバイダー Wind River を TPG から買収することを発表

複数業界にわたるミッションクリティカルなソフトウェアの分野で独自の地位を確立する

エッジに対応したソフトウェア定義型の未来を目指す、Aptiv のインテリジェント トランスフォーメーションを継続する 

本日午前 8 時 (東部標準時間) に電話会議を開催

ダブリン (アイルランド) およびカリフォルニア州アラメダ (米国) – より安全で、より環境に優しく、より接続されたモビリティの実現に取り組むグローバル テクノロジー企業 Aptiv PLC (NYSE: APTV) は、グローバル代替資産管理会社 TPG のプライベート エクイティ プラットフォームである TPG Capital から Wind River® を買収することについて正式に合意したことを本日発表しました。買収額は 43 億ドルであり、現金で支払われます。

Wind River は、インテリジェント エッジ向けのソフトウェア分野におけるグローバル リーダーです。Wind River のソフトウェアは、世界中の 1,700 を超える顧客の 20 億台を超えるエッジデバイスで使用されており、ミッションクリティカルなインテリジェント システムの安全な開発、デプロイ、運用、サービス提供を実現しています。このエッジツークラウド ソフトウェア ポートフォリオは、航空宇宙、防衛、電気通信、産業、自動車の各市場にまたがり、Wind River Studio によって支えられています。Wind River Studio は、エッジツークラウドのユースケースの製品ライフサイクル全体を管理できるようにする、非常に汎用性が高く包括的でクラウドネイティブなインテリジェント システム ソフトウェア プラットフォームです。2021 年に Wind River は約 4 億ドルの収益を達成しています。

Aptiv の社長兼最高経営責任者ケビン・クラークは次のように述べています。「自動車産業では、幅広いインテリジェント エコシステムの要素として、接続されたソフトウェア定義の車両の重要性が高まっており、過去 100 年の中で最大の変革が現在進んでいます。このチャンスを十分に活用するには、データ主導のインサイトを利用して、ソフトウェア開発の迅速化、シームレスなデプロイ、車両ライフサイクル全体の最適化を可能にする包括的なソリューションが必要です。こうしたニーズにより、複数の最終市場にわたるインテリジェント エッジの成長が高まっています。Aptiv と Wind River の相乗的なテクノロジーと、安全が重視されるシステムを提供してきた数十年の経験を活かして、自動車業界のソフトウェア定義の未来に向けた取り組みを加速させていきます。また、複数の業界での Wind River の競争力をさらに強化するべく取り組んでいます。 世界水準の Wind River チームが、より安全で、より環境に優しく、より接続された世界の実現を目指す Aptiv の一員に加わることを大変楽しみにしています」。   

Wind River の社長兼最高経営責任者であるケビン・ダラス氏は次のように述べています。「Wind River は、最高レベルのセキュリティ、安全性、信頼性、性能を提供する、クラウドネイティブなインテリジェント エッジ ソフトウェアの分野で世界的リーダーとしての地位を確立しています。業界をリードする Wind River のソフトウェア、顧客ベース、才能を Aptiv の補完的なテクノロジー、グローバルリソース、規模と組み合わせることで、新しいマシンエコノミーのビジョンを実現します。私たちは、Aptiv とともに、クラス最高水準のインテリジェント システム ソフトウェアを通じて、業界全体のお客様のデジタル変革をさらに加速させていきたいと考えています。Aptiv チームと協力しながら、より高いレベルを目指し、お客様とパートナーの皆様に、より一層の成長の機会を提供することを楽しみにしています」。

TPG Capital の共同経営パートナーのネハル・ラージ氏と社長のアート・ハイドリッヒ氏は次のように述べています。「Wind River をインテリジェント システム市場のリーダーへと変革することを目指し、ケビン・ダラス氏および経営陣と提携できることを大変光栄に思います。Wind River がサービスを展開しているミッションクリティカルな業界では、デジタル化が急速に進んでいます。各企業は、データを活用して適切な意思決定を迅速に行うことができる革新的なソフトウェア ソリューションの導入を目指しており、大きなチャンスになると考えられます。Wind River と Aptiv が協力して実現する素晴らしい成果を楽しみにしています」。

この買収により、Aptiv は、ソフトウェア定義のモビリティに関する大きな機会をとらえ、Wind River の世界水準のチームとインテリジェント システム ソフトウェア プラットフォームを活用して、重要度の高いさまざまな業界への拡大を目指します。特に、計算能力と処理能力がエッジ側へとますます移行され、自動車などの接続デバイスの複雑さと機能が拡大する中で、両社の組み合わせは、エンドユーザー向けの複数のイノベーションやアプリケーションの実現につながります。Aptiv は、Wind River Studio 製品をその補完的な SVA™ プラットフォーム や車両に関する専門知識と組み合わせて、車載ソフトウェア ソリューションにおける地位を拡大するとともに、総合的な車載ソフトウェア アーキテクチャを迅速かつ低コストに利用する手段を自動車分野のお客様に提供していきます。ケビン・ダラス氏が率いる Wind River は、Aptiv 内の独立事業として、また、高度な安全性とユーザーエクスペリエンス (AS&UX) 事業部の一部として、今後も業務を継続します。

買収のための資金調達および条件
Aptiv は、現金と借入の組み合わせによって、買収資金を調達します。買収は 2022 年半ばに完了する見込みです。この買収には、関連する規制当局の承認など、通常の条件が適用されます。 

電話会議およびウェブキャスト
Aptiv は、本日午前 8 時 (東部標準時間) に電話会議を開催し、本買収について説明します。この電話会議は、800.239.9838 (米国) または +1.323.794.2551 (米国外) にダイヤルするか、ir.aptiv.com のウェブキャストを通じてアクセスできます。会議 ID 番号は 7662806 です。 プレゼンテーション スライドは、事前に準備された発言内容に付属しており、弊社ウェブサイトの投資家向けセクションに掲載されています。電話会議から 2 時間後に、リプレイをご視聴いただけます。

アドバイザー
Goldman Sachs & Co. LLC が Aptiv の専属財務顧問を務め、Paul, Weiss, Rifkind, Wharton & Garrison LLP と Covington & Burling LLP が Aptiv の法律顧問を務めています。Morgan Stanley & Co. LLC が Wind River の専属財務顧問を務め、Ropes & Gray LLP が Wind River の法律顧問を務めています。

Aptiv について
Aptiv PLC は、より安全で、より環境に優しく、より接続されたソリューションを開発し、より持続可能なモビリティの未来を実現するグローバル テクノロジー企業です。Aptiv は、18 万人以上の従業員を世界中の顧客のために戦略的に配置し、ソフトウェア定義の電気自動車への移行を加速する、スケーラブルでインテリジェントなプラットフォームにより、業界で最も困難な課題に取り組んでいます。Aptiv 独自の車両の脳と神経系のポートフォリオと持続可能性に向けた取り組みについては、ウェブサイト (aptiv.com) をご覧ください。

Wind River について
Wind River は、ミッションクリティカルなインテリジェント システム向けのソフトウェア分野におけるグローバル リーダーです。40 年間にわたり、同社はイノベーターかつパイオニアであり続け、最高水準のセキュリティ、安全性、信頼性を必要とする数十億台のデバイスやシステムを支えてきました。Wind River のソフトウェアと専門知識は、自動車、航空宇宙、防衛、産業、医療、電気通信などさまざまな業界でデジタル変革を加速させています。同社は、世界有数の専門サービスとサポート、および幅広いパートナー エコシステムを利用できる、包括的なポートフォリオを提供しています。詳細については、ウェブサイト (www.windriver.com) をご覧ください。

TPG について
TPG は、1992 年にサンフランシスコで設立された、主要なグローバル代替資産管理会社であり、管理資産および投資資産は 1,090 億ドルに達し、世界の 12 か所のオフィスで運用チームが活動しています。TPG は、Capital、Growth、Impact、Real Estate、および Market Solutions の 5 つのマルチプロダクト プラットフォームに投資しており、その独自の戦略は、コラボレーション、イノベーション、およびインクルージョンによって促進されています。同社のチームは、製品および分野に関する深い経験と、幅広い能力や専門知識を組み合わせて、差別化されたインサイトを創出し、ファンド投資家、ポートフォリオ企業、管理チーム、およびコミュニティに価値を提供しています。詳細については、www.tpg.com をご覧になるか、Twitter で @TPG をフォローしてください。

将来の見通しに関する記述について
本プレスリリースおよび Aptiv PLC (以下「弊社」) によるその他の記述には、現在の状況、特定の投資や買収、財務実績 (Wind River の買収の潜在的な影響を含む) に関する弊社の現在の考えを反映した、将来の見通しに関する記述が含まれています。このような将来の見通しに関する記述は、多数のリスク、不確実性、弊社の活動や事業環境に関連する要因に影響されるため、弊社の実際の結果が将来の見通しと著しく異なる可能性があります。将来の運営、財務、事業の業績、弊社の戦略または期待事項に関するすべての記述は、将来の見通しに関する記述に該当します。実際の結果が将来の見通しに関する記述と著しく異なる要因には、金融市場に影響を与える状況を含む世界および地域の経済状況、COVID-19 のパンデミックによる不確実性、その見通しや世界経済および弊社の将来の運営への影響の予測の困難さ、金利および外国為替相場の変動、世界の自動車販売および生産の周期的特性、現在の半導体供給不足を含む弊社製品に不可欠な原材料や資材の供給中断や競合環境の変化、事業運営に欠かせない契約を維持する弊社の能力、米国・メキシコ・カナダ協定などの自由貿易に関する有益な法令および規制の変更の可能性、最近の取引の想定されるメリットを取り込んだり実現したりする弊社の能力、主要な経営陣を引き付け、動機付けし、定着させる弊社の能力、弊社または主要顧客の労働組合加入従業員によるストライキ、部分的な業務停止、業務停滞を回避し、発生した場合に事業を継続する弊社の能力、顧客獲得および顧客維持に関する弊社の能力が含まれますが、これらに限定されません。その他の要因については、米国証券取引委員会に提出した書類に記載されている「リスク要因」および「財務状態と営業成績に関する経営陣の議論と分析」の中で説明されています。新しいリスクや不確実性が発生する場合がありますが、弊社は、それらの発生や弊社に与える影響を予測することはできません。また、普通株の株価とそれらの株式からの収益は変動する可能性があることに留意する必要があります。弊社は、法律で求められている場合を除き、新しい情報、将来の事象、その他の結果として、将来の見通しに関する記述を更新または改訂する意図や義務をすべて否認します。

連絡先

Aptiv Media Relations

関連ファイル (3)